2017年04月24日

夫婦喧嘩


ハラホロヒレハレ!。春の農作業たけなわである。ビニールハウスの苗の様子は見なきゃいけない。状況によっては潅水しなきゃならないし、曇りか雨の日はいいが天気の日はダイオシートを掛けたり、場合によっては換気しなきゃならない。なんとも手こずる春作業である。同時に本田作業では雨が降ったら、田起こしは仕事にならない。今年のような天候不順で寒い日は仕事がはかどらないし、精神的にもよくない。ただ神様に今年の豊作を祈るしかないのだ。夫婦二人で一緒に仕事してれば喧嘩もするけど心が通じ合って楽しい。今の世の中採算が合えば発展的に夫婦農業は楽しい。
  


Posted by 善兵衛 at 02:43Comments(0)旅行

2017年03月30日

四十年前の思い出


ハラホロヒレハレ!みなさん元気ですか。小生、人生で初めて自分の思い通りのことをしてしまいました。そうです、ひとり酒飲みに出かけたのです。誰も私を助けてくれる人はいません。私をかばってくれる人もいません。酒の請求は命ぜられたとおりに払いました。はじめての冒険です。逆にいえばそういう体験をするのが遅かったのかも知れません。予定の金額より少しオーバーしてしまいましたが、お金を考えるより、酒を味わう雰囲気に酔い知れ、明日へのやる気をゲットしました。めでたし、めでたし。
  


Posted by 善兵衛 at 19:42Comments(0)旅行

2017年03月23日

生け花の個展


ハラホロヒレハレ!今週の土曜日、日曜日個展が開かれる。妻も出品するので興味のある方は参加ください。展覧会は山形のナナビーンズの五階で二十五日から二日間である。初代家元に私の家から嫁いだ経緯もある。苦節七十年、蔵王をイメージし、山形県の流派で文部大臣賞に輝いている。生け花を見てると心が透き通る。和の一服である。当日は私も駆けつける予定である。
  


Posted by 善兵衛 at 02:11Comments(0)旅行

2017年03月10日

戦中教育の打算


ハラホロヒレハレ!。写真は先日、東京に行って結婚式に招かれた、ついでに寄った浅草の浅草寺の正門である。一週間ほどは祝宴の余韻が残り、また写真の余波でボーとした幸せな時間をいただいて、もらった。東京にもまれたおかげで人間がひとまわり、成長したような気分になりました。何事もチャンスは活かすにかなわない。
話は変るが、私のようなものでも家庭生活を送っていると、歳相応にその人のその歳に至るまでの過去が再蹴られる。なんでこの人はその歳までこのような人生を続けてきたのか?。過去の経緯がこういう結果をまねいだのかなぁ!などと細かく感じられる。それだけ視線を幅広く感じられるようになったということか?。戦後間もない頃、敗戦の影響で世の中に食料、物資が不足し、遠く僻地まで食料をつなぎ求めていた時代、生活にゆとりなどまったくない。自然と今の生活とは全く違いものがないので、身の回りの物資、食料を大切にする時代であった。その教育の影響か、今の年配の方は限りなく身の回りの物を大事にする。その人からか、今の時代の”断舎利”とはとんでもないことである。どんなものでも大切にして利用価値を見つけ出そうとする。我々のような、ものがある程度満たされて育った年代から見ても、それはどこか異常に始まる。こういう考え方こそ、異常と映るのである。  


Posted by 善兵衛 at 18:57Comments(0)旅行

2017年02月18日

犯罪者


はらほろひれはれ!。
こんな事をしてていいのだろうか?。今までは自分に負荷をかけて仕事しない自分を戒めてきた。最近は自分を肯定して自由な自分を認めてしまっている。組織者が見たらすべてタイムアウトになってしまう。冬季期間は専業でやる者は仕事がない。雪のない間、汗水流して田んぼをやってきた慰労の意味で冬季期間は仕事をやらないことにしている。他業のアルバイトに走ったこともあった。ビニールハウスで野菜を作ったこともあった。人生すべて挑戦だと思っている。毎年繰り返して同じ仕事に生産をあげる人は立派だと思う。私みたいな根性のない者は世間からつまはじきされて当然だと思う。農業の生産性が上がらないのは私のようなやる気の無い怠け者がいるからだ。社会から葬られて当然だ。
  


Posted by 善兵衛 at 08:08Comments(0)旅行

2017年02月17日

確定申告


私はサラリーマンでないので定期的な収入はない。通帳に入る数字を運用して生活を仕切っている。さすがにこの歳になると金のないのは身にしみる。どうにか、運用して日々の生活に充てている。若い頃のように金があると酒場に出てどんちゃん騒ぎをするのもどうかと思うし、そういう金があったら別の目的に使う。最近は還付金が多く、税金を納めることはほとんどない。秘密であるがいかに貧しい生活かが推測できる。金があればあるでそれぞれ、貧しい事とは別の悩みがあるだろうけど、貧しいより夢が膨らむのではないか?。戻ってきた還付金を無事に申告を終わった自分へのご褒美に毎年ささやかな軽微な品物に代えている。今年はスマホにした。上手に使いこなして交流を深めよう。写真は升田から見た鳥海山です。
  


Posted by 善兵衛 at 22:22Comments(0)旅行

2017年02月11日

友達


ハラホロヒレハレ?。
確定申告、やっと終わる。考えてみれば去年の暮れから騒いで挫折しながら、毎年同じ事!と喚き散らし、慰めようのない技を貫き通し、やれば聞けば簡単にわかる事を、見栄を張ってわからないままにし、頭を悩ました罪はおっきい!。幸い青申会の会長さんが同級生だったのでみんな教えてもらい、無事解決できた。「幸い男である。」時代が遡らない限り、友達は嬉しいものである。こころの友達は、苦言を呈してくれる友は特にうれしい。その人の捉えかたにもよるが、何でも”いい方”に解釈して捉える方が理にかなっている。”悪く”考えると悪循環を引き起こす。
始末の悪いことになる。これだけはやめよう。友達が言ってくれたことを足がかりに明日への道しるべに繋がる。ありがとう。  


Posted by 善兵衛 at 22:53Comments(0)旅行

2017年02月07日

ノイローゼ


人は吸収した分だけ放出しないと頭が変になるらしい。食べてばっかりで運動しないとデブになる。勉強ばっかりで趣味がないと気が変になるし、遊んでばっかりで仕事をしないと貧乏になる。人の周期には一定の原則が付いてまわる。その時その時の気持ちを大切にしないと後で後悔しないと始まらない。格言うわたしも、若いころは、勉強と仕事に明け暮れ、友達との付き合いを全くしなかった。無理を貫いたのだ。その結果が病気を招き、世の中をあざ笑う態度にでてしまった。ノイローゼである。会社は辞めさせられ、その後自立の道を閉ざされた。先が見えず一日をおののいで過ごした。病院に投薬を求め、カウンセリングして貰った。仕事はどうにかあるが、人生半分を棒に振った。友達は求めねばできないし、返事は投身しなければ返らない。世の中フィフテイ、フィフテイに出来ている。
  


Posted by 善兵衛 at 20:37Comments(2)旅行

2017年01月20日

大森山動物園


疲れました。なんでこんなに苦しまなければ?鳥海山にも一つがいはいるとか。絶滅危惧種になっています。
  


Posted by 善兵衛 at 22:32Comments(2)旅行

2016年12月18日

facebookからの転向


こんばんは、フェースブックから、検索してもらえばインターネットで繋がります。如何でしょうか!。二三年の私の興奮が伝われば幸いです。
https://www.facebook.com/yoshiaki.komatu.90、よろしいでしょうか?。写真を中心にするか、記事を中心にするかで、ブログの持ち方が違ってきます。どんどん投稿をお願いします。  


Posted by 善兵衛 at 23:38Comments(0)旅行

2015年11月26日

スイミングとスターバックス


このところ、泳ぎ続けて、一週間になる。最初の内は昔取った杵柄、なんとか人並に二十五メートルプールを横断できた。ともあれ、一週間目からは息が苦しいのだ。いくら泳いでもうまくなることはない。人間引き際が肝心。即策と一時間泳いだので帰る。まっすぐに帰るのではなく、スターバックスに寄ってコーヒーを調達し、店内やれ、ドライブスルーに交わって帰る。これが最近の日課。本屋にもせっせと通って、この頃、西加奈子さんの「サラバ」を半冊ほど読んだ。私の場合、集中力と持続性がトロイので、長続きできない。この本はすこし、印象に残った。「HOW TO」ものの本も手に取るが、記憶に残らない。ざっとこんなもんか。
  


Posted by 善兵衛 at 22:35Comments(0)旅行

2015年11月14日

中華そば食べたい。


なに!くそう?
縁起でもないが、かつての写真をトライしてみた。対象があまりにも神々しいので、いざけた四隅を感じる。昨日まで、寝ながら「平常心のコツ」という、本を読破したため、昼に起きてしまい、時計は十二時でした。かなりの異常精神を頭に発し、創造性と疑似反応が心を襲う。デスクワークだけが仕事ではない!。稲倉に行って、月曜日に配達する培土の保留置き場を確保するため、整理整頓を行う。農繁期が終わって心のスペースが確保できない今、「自然」に任せて隠遁生活のようなものを味わっている。土台人間がシャイにできている関係から、人前で牛図るのは私にとって至難の業だ。風に任せて心に素直なのはいいことだが、度胸を必要とするより楽だ。
  


Posted by 善兵衛 at 22:29Comments(0)旅行

2015年09月20日

会社の社長ってそんなに稼ぐのやら。


ずるずると今日も一日が過ぎた。私は立場の無い、無能な近所でも名指しの札付きです。避けたいが来年の今頃は存続してる事やら?。シルバーウイーク。何それ。
  


Posted by 善兵衛 at 23:04Comments(0)旅行

2015年05月15日

ストレスが溜まる。


何事にも繊細なわたしは、一日の半分はストレスと闘いながら、暮らしてます。一つのストレスを退治したと思うと、一時間後にまた大きなストレスが私を襲ってきます。ストレスを上手に乗り越えた後のわたしは、気持のいい者ですが、大きな波、かわいい波、小さな刺激と相も変わらず、次々と迫ってきます。いっそのこと、このストレスを一緒になって付き合い、楽しめればなんてことのない毎日笑える人間で生きていけるのになぁ~など
どうでもいいことを考えています。人間として生まれてきた以上、ストレスも仲間に入れて楽しまなければ損ですよね!。などなど勝手なことを考えて、ちゃらんぽらんに生きて行ければどんなにか人生は楽しい事やら、こんな気持ちの鼻くそほども当てはまることのできない、気持の小さい、弱いわたしはどこに行くのやら。まじめで几帳面で責任感の強く、おとなしい私の見解でした。ソロプチミストの董源です。
  続きを読む


Posted by 善兵衛 at 18:42Comments(0)旅行

2015年03月25日

土門拳記念館とこのひとコマ


スクープに今年の土門拳賞が決まったところで、一番先にと記念館を訪れた。芸術に触れられるということは楽しいことだ。私も写真好きの一人として一こまをキャッチした。
  


Posted by 善兵衛 at 04:57Comments(0)旅行

2015年03月22日

人それぞれ、皆、波があります。


不実ですねぇ。
私としたことが。適応力が足りないみたいです。人間性を表わしているというか?、バカといった方が適しているかもしれません。先生!教えてください。ところで、最近、いやずっと前から、気づいていたというか、感じていたというか!人間には、テンションの高い状態を保とうとしている
中にも、自然と自分ではコントロールしきれない”何か”によって動かされているのです。それが風水かも知れないし、はたまた感情かもしれません。皆さんにもそう感じることがありませんか?maiku
  


Posted by 善兵衛 at 19:45Comments(0)旅行

2015年03月14日

金のなる木がほしい。


デジカメにも記録したのですが孤高端麗な富士山を彷彿させるような、出羽路の秀峰鳥海山がきれいに見え、私たちを納得させました。帰り
は一本道で中途半端なオブジェだったのですが、俵雪も観察することができました。
  


Posted by 善兵衛 at 02:57Comments(0)旅行

2015年02月20日

サラリーマンと違う農業者


今年も稲作シーズンがもうすぐ、始ります。昨年の秋、米作りが、豊作となり、ホッとして、年を越したもつかの間。平成二十七年の春が始まった。あと一カ月、三月の末になれば、手に負えないほど作業が見えてくる。農作業に従事できることは良いことであり、健康でなければできません。病気にも打ち勝つ
強靭な体力を授けてくれた親に感謝し、冬に怠けた分、体調を整え、農業に当たらなければならない。すべてがうまく行くのは、難しいが自分の力を思いっきり出来る仕事をしよう。面前に写真をさらした罪をお許しください。早かれ、少なかれ、みんなが幸せそうに写っています。以上
  続きを読む


Posted by 善兵衛 at 13:20Comments(0)旅行

2015年02月09日

博多人形、ジャンクション


今週の末から、盛岡秋田に行く。”いなほ、こまち”と連結していく。心地よい旅になればいいが?。問題は天気だ。今日の昼は、圧倒的な風にやられている。
盛岡ではクラス会、秋田では病院の診察だ。無事に過ごして何事もなければいいのだが。雪でも撮れるデジカメとノートパソコンは必需品だ。
それにしても、今年の農業の作柄はどうなっていくのか。旅に行ってしまい、真面目に豊作の祈願もルーズなダメダメ農業とやら、ばっかでは、望み道理に作物に生育してくれと願っても、半分しか気を聞いてくれないのは、明らかだ。怠け心を切り捨て、良作を神に願おう!。
  続きを読む


Posted by 善兵衛 at 17:45Comments(0)旅行

2015年01月21日

二十歳を過ぎた我が家の愛猫


今晩は、十二月は毎日が乱天だったのに、一月に入って、大寒もいたって程よく過ぎ、このままの天候が課せられば、めでたしめでたしとなるのだが。先祖に感謝せずただ、清く生きることを考えて一日を過ごしていると、世の中の生活をかけて一生懸命働いている人に申し訳なく、いつか裁きを受けるのではないかと、その時はその時と名縛った考え方に生きています。人情を弁えた人間ならば、さほどの困難には対応できるのだが、私のような生き方は楽な方、楽な方へと流れ、努力を発揮する生き方をしてこなかったので周りからつぶされてしまう人生を一直線に歩んでいます。数々の世芸をお詫びします。
  


Posted by 善兵衛 at 19:33Comments(2)旅行