2016年11月27日

ポエムからスターバックスへ


ゆるぎない活躍を見せるラグビー、その会場になっているのがコートであるが立派な練習場がある割には練習したとは知られてない。朝鶴岡に小作料を納めに行った。口やかましくしゃっべたので心が解放された。予定どおり、清水屋のポエムに入り、昼食を食べる。きょうはタラコスパゲティにジャーマンコーヒー。週刊新潮を読みながら、宮脇書店でダイジェスト版の「藝大入学の秘密」の本を買うことを誓う。千五百円で購入。スターバックスで中身に目を通し、完読を誓う。笑顔と心を表すことは大事である。疲れる!前に気分転換を勧める。
  


Posted by 善兵衛 at 16:50Comments(0)小松家 秋

2016年11月26日

パーソナルカラオケ


メールの相手の隣の家でおばさんが大きな声を出して独りでカラオケをやっているのが、お茶を飲んでて聞こえた。との事。それを聞いて私も暇に合わせて今年の冬はテレビを相手にカラオケ三昧をしようといっぱし、考えた。さっそく、量販店にいってお目当てのマイクカラオケを探した。順調にいけばお金を払って練習する、段取りまで行ったが、肝心の金に余裕がない。さらに一日二日歌ったところでプロでもないのに 飽きてしまうのでは!という予感が?。車の中でいろいろ考え、家内と母に相談の結果!、購入断念。カラオケはお店屋さんに行って歌うのでいいのだと気付かせてくれた休日でした。
  


Posted by 善兵衛 at 23:32Comments(0)小松家 冬

2016年11月21日

行きつけると癖になりそう。(スターバックス)


とにかく、若い人ばっかりです。二年ほどになるが、私の親友が紹介してくれたので出来上がり早々通い詰めてた経緯がある。半年前までは暇があればコーヒーを飲みに行った。その後、秋田駅前、山形白山、盛岡映画館通り、と偏在しました。けれど、酒田がいちばん馴染みやすいとの感覚を得ました。この間も書いたが既存の喫茶店とは違い、コーヒーを捌けることに儲けの質があるし、体質である。私みたいな単独行で疲れやすい訪問者とか、または友達と連れ合っておしゃべりに夢中になるガイダーとか、いろいろ変化に富んで現れる。コーヒーの味を楽しむのは今までの喫茶店に負けるが、スターバックスの魅力はアメリカ資本のズーズーしさにあるのかも。共存を願いたい。

  


Posted by 善兵衛 at 22:02Comments(0)小松家 冬

2016年11月20日

虎穴に入らずんば虎児を得ず。


おとなしく、高く、真面目、完璧主義、これ私の性格。だから病気になったんです。何事も発散させなきゃ。旅に出たい。岡山の倉敷辺りを?。気分に合わせて美術館周りでも。田んぼと鳥海山と最上川しかない酒田と違い、人々の気持ちが伝わってくる、そんな日常に出会いたい。皆おんなじだけれども
会話のない生活は疲れる。少しぐらい嘘、脱力感のある日常を送りたい。一生自問自答になるが、充実した生活を送りたい。
私には最愛の妻がいる。今日もこの時間になってもまだ仕事しているが、尊敬する。完璧主義者で切れる。仕事は簡単なことの連続だがこなし方がうまい。私にはもったいない。さらに短期でなきゃ、なおさら良いのだが・・・・・・・・・・・・・・。  


Posted by 善兵衛 at 21:38Comments(0)小松家 秋

2016年11月20日

デトマソターボ


相変わらず、起きるのが遅い。昨日は十時までスターバックスで本を読みながらコーヒーを飲んでいた。誰も知らない人ばかり。若い人が多い。なんにも焦らず自分の時間を過ごす。「やさしい哲学入門」の二回目の購読だがスターバックスにいるとなぜか楽しい。人それぞれに個性がある。家の中に閉じこもるよりは出かけるのが良いかと思う。自殺するより長く生きた方が苦しいかもしれないが楽しいことがいっぱいあるかなぁ!。とにかく外に出よう。楽しいことがいっぱいある。気分転換。仕事しなくってもいいのだ。自分の気持ちに素直になろう。人は自分がおもっているほど、自分のことを考えてないよ!。自分の気持ちに素直になろう。あっけらか~んと生きよう。
  


Posted by 善兵衛 at 12:54Comments(0)小松家 冬

2016年11月19日

哲学入門の本を読む


土曜日だからって何にもしないではいられない。家内の車のタイヤ交換をする。ゆるゆるにならないように真剣だ。年とともに体力が落ち、はぁはぁ、息を付きながら、自分の体力と闘う。妻に文句を言われながら、一時間ででかす。結局今日もそれだけで仕事おしまい。車と言えば、自爆の代償に一か月分の修理代がかかった。飛び上がるよりこの先の生活が心配だ。暮らして行けるのやら?。修理代。車両保険代。すべて月賦にするしかない。この先の収入と来たら知れたものだから怖い。せっかくコメの収量を上げたのに。出し惜しみではないが、頭を切り替える覚悟で外出をする。雑音がなければ、読書は楽しい。気分は無理せず魂詰めず、適当だけれど集中してしまった。グラボー。
  


Posted by 善兵衛 at 23:43Comments(0)小松家 冬

2016年11月18日

真っ赤ににじむ!


とにかく天気がいい。体力は相当落ち込んだものだ。思うように体が動かない。先生に言われてウオーキングを去年に続いてやっているのだがこれが続かない。
一日一時間は手ごろな距離だが二日と続かない。どっかジムに行って体力作りは如何なものか?去年の今頃は光が丘のプールに自分を追い込んだのだが。今年はまだ行ってない。続けることに意義がある。
  


Posted by 善兵衛 at 19:14Comments(0)小松家 秋

2016年11月17日

スターバックスでの独り言


昨日は南の喫茶店今宵は中央の喫茶店。ただただ、単独行動である。周りの個性ある人々が、世間話を悠然と誰はばかる事無く、さえずりあっている姿は羨ましい。私は立ち止った人々に向かって、さえずる事ができるだろうか?。醜態を見せたくはない。スターバックスの出来事であるが、以前にも増して若年化してきている。奥深さがない。入茶者を本当に大切にしたいという気持ちがあるのやら。勉強だけの目的の店ならばお茶はいらない。スターバックスが日本に上陸して二十年。たばこに変わる新しい嗜好品として、お茶を日本に紹介してくれたがこれが本当の喫茶店と言えるだろうか?疑問に思う。
  


Posted by 善兵衛 at 22:32Comments(0)小松家 冬

2016年11月17日

儲からない農業


農閑期、初めて酒を飲んだ。世間では酒はうまい。芍薬の長とまで言うが、私にとって酒を飲むと気分が悪くなり、頭は回転するが通じ合う同席がいないのが普通で宙に舞い、完璧に落ち込んでしまう。酒の良さというものがまったくわからない。懸命に自分を回転させて有りもしない空想をめぐらして自分を正当化しようとするが、この先、まっすぐ生きることを決めた私にとって、うそ、でたらめは酒の席の話だけでいい。
  


Posted by 善兵衛 at 22:06Comments(0)小松家 秋