2017年04月27日

代掻き始まる。


ハラホロヒレハレ?
我が家の農作業、田起こしまで完了。注水するまで尻水口を補修し、管理を徹底してみる。土にほどこした肥料は稲に吸収されるまで田んぼに漂っている。日を浴びた山々が雲影を伴い、春の到来を誇らしげに囁いている。やっと来たのだ。氷せむよな冬はあまりに長かった。しかしこれからは万物の生命が脈々とたどり出てくる。嬉しい季節だ。トラクターもフル回転だ。
  


Posted by 善兵衛 at 17:50Comments(0)小松家 春

2017年04月25日

大海原に小鳥を見つける。


ハラホロヒレハレ!。今日も一日が終わった。田起こし三日目となると、仕事の要領は大体つかめてくる。そんなに大規模な経営ではないのだがやっぱり三日はかかってしまった。嬉しい便りである。スケジュールがいっぱいなのでゆっくり眠ろう。誰にも迷惑を掛けないようです。私こといきり立って時代の先端を歩んでるわけでもないので中傷するには存在が大きいが、適当でいいと心に決めて歩んでる。存在感のある人間になりたい。
  


Posted by 善兵衛 at 22:37Comments(0)小松家 春

2017年04月24日

夫婦喧嘩


ハラホロヒレハレ!。春の農作業たけなわである。ビニールハウスの苗の様子は見なきゃいけない。状況によっては潅水しなきゃならないし、曇りか雨の日はいいが天気の日はダイオシートを掛けたり、場合によっては換気しなきゃならない。なんとも手こずる春作業である。同時に本田作業では雨が降ったら、田起こしは仕事にならない。今年のような天候不順で寒い日は仕事がはかどらないし、精神的にもよくない。ただ神様に今年の豊作を祈るしかないのだ。夫婦二人で一緒に仕事してれば喧嘩もするけど心が通じ合って楽しい。今の世の中採算が合えば発展的に夫婦農業は楽しい。
  


Posted by 善兵衛 at 02:43Comments(0)旅行

2017年04月12日

稲作シーズン本番


ハラホロヒレハレ!この間の日曜日に種まきをした。総勢6人で半日ほどかかった。箱詰めでも気が抜けない。水の量、種の蒔き具合、覆土、すべて緊張する。おおよそ千枚、軽トラックに積みながら、ハウスに並べる。田植えまでの断続的な連続作業で田起こし、代掻きへと続く。ハウスの場合は苗の生育初期に温度が40度を超えると焼けてしまう。太陽の熱を上手に利用し、ビニールハウスの温度を苗に適温を与え、すくすくと育てる。徐々にハウスの中の温度が外気温に繋がり、苗の根張りが活着すれば、田植え時期だ。本来は農業の苗作り、本田の農作業は楽しいものだが農業機械に頼らなかった時代は大勢の人を使い、人海戦術で重労働だった。いつの間にか農業は敬遠され、米は日本人の主食なのに食べる量が少なくなり、高齢者の仕事になってきた。田植え唄を歌いながら五月をしてた時代が懐かしい。
  


Posted by 善兵衛 at 22:10Comments(0)小松家 春

2017年04月09日

春山シーズン鉾立


ハラホロヒレハレ!。写真は春山シーズン真っ盛りのブルーライン五合目、鉾立の先の岩にへり付いたセッピの文様である。土台、春山はスキーと決めている私は秋田県側の祓川五合目に設営し、新山から滑り降りたことしかないが雄大な大滑走をさせてもらった。私を導いてくれた同僚にこころから感謝する。
  


Posted by 善兵衛 at 01:04Comments(0)小松家 春

2017年04月09日

チョウカイアザミ


ハラホロヒレハレ!写真は過年、鳥海山アザミ坂で撮った、固有種のチョウカイアザミの立志である。人間は誰しも感情が入ると中庸な考え方ができず、外見でその人を判断してしまう。誠に残念である。高山植物が太古の昔から平地で咲き誇っていた時代から氷河期を通り越し、山の上に取り残されてしまった時代へと続き、現代は一部の高名な保護主義者に手厚く保管されていることは、将来のための遺産である。大事にしてほしい。これから始まる夏山シーズンに向かって登山者の心を癒してほしいものである。
  


Posted by 善兵衛 at 00:38Comments(0)小松家 夏

2017年03月30日

四十年前の思い出


ハラホロヒレハレ!みなさん元気ですか。小生、人生で初めて自分の思い通りのことをしてしまいました。そうです、ひとり酒飲みに出かけたのです。誰も私を助けてくれる人はいません。私をかばってくれる人もいません。酒の請求は命ぜられたとおりに払いました。はじめての冒険です。逆にいえばそういう体験をするのが遅かったのかも知れません。予定の金額より少しオーバーしてしまいましたが、お金を考えるより、酒を味わう雰囲気に酔い知れ、明日へのやる気をゲットしました。めでたし、めでたし。
  


Posted by 善兵衛 at 19:42Comments(0)旅行

2017年03月27日

万里の松原


ハラホロヒレハレ?、散歩、ウォーキングに最適、一周二キロほど、のランニングコースが酒田市にもある。久しぶりに登場してみた。すがすがしい。その昔、酒田の本間様は日本海の飛び砂が暴れまわり、平野を汚すのが哀れみて海岸沿いに松を植樹して防風林を作った。現在は運動公園になっているが周辺一帯を散歩するのも楽しい。特に私のようなメタボにとっては絶好のウォーキングコースになる。のびやかに伸びた松は三百年もたち、天に突き出している。気分は爽快だ。残った時間のある人は地下千メートルから掘った足湯にもたれるのも健康のためにいいことだ。多寡が十万人の酒田市だが、都会に比べても行きかう人もいないような、過疎の田舎町だが自然は豊か、住民の人情は厚く、すぐに友達になれる。都会のようなにぎやかさは全くないが、食べ物はおいしい。鳥海山や最上川で佇んでも楽しい。自然は裏切らない。  


Posted by 善兵衛 at 23:49Comments(2)小松家 春

2017年03月23日

生け花の個展


ハラホロヒレハレ!今週の土曜日、日曜日個展が開かれる。妻も出品するので興味のある方は参加ください。展覧会は山形のナナビーンズの五階で二十五日から二日間である。初代家元に私の家から嫁いだ経緯もある。苦節七十年、蔵王をイメージし、山形県の流派で文部大臣賞に輝いている。生け花を見てると心が透き通る。和の一服である。当日は私も駆けつける予定である。
  


Posted by 善兵衛 at 02:11Comments(0)旅行

2017年03月18日

私の歴史、パート2


ハラホロヒレハレ?。謎めいた写真が出てきたが、すべて私が登った山だ。北アルプス、奥穂高岳。名峰として知られている。体力の限界を尽くして撮った一枚。すべてが歴史である。
  


Posted by 善兵衛 at 21:47Comments(0)小松家 春

2017年03月18日

私の歴史


ハラホロヒレハレ?。過去を懐かしむ、数十年前のネガから取った北アルプス、ツバクロ岳の遠上図、今思うとはるか彼方の思考が洞察される。その頃の体力と勇気に乾杯。これら山塊の遠上図は数十枚あるのでその時々に路上してみる。決死の覚悟に賛同してもらえば嬉しい限りです。
  


Posted by 善兵衛 at 20:37Comments(0)小松家 春

2017年03月13日

平凡な生活


ハラホロヒレハレ!デスクトップで公開するのは恥ずかしいのですが、前段に続いて甥っ子の結婚式の模様を載せました。幸せそうな二人。親の気持ちが伝わってきます。
総会シーズン、今日も集落の総会、懇親会がありました。資料をめくって発言内容を相談する。三時間も掛かってしまった。会議の後半は懇親会の酒が気になる。程よく親しめれば、今宵も宴が楽しい。今年に入って趣味から攻めてきた。ウォーキング、水泳、詩吟、パソコンとそれぞれに意義がある。時間がいくらあっても足りない。仕事が第一最優先だが、私の場合、自営業なので趣味がないと仕事がはかどらない。朝に計画したものが一日を通して完成できるのが普通だ。無目的に動いても恥をかくのが普通だ。頑張らなくては。
  


Posted by 善兵衛 at 00:30Comments(0)小松家 春

2017年03月10日

戦中教育の打算


ハラホロヒレハレ!。写真は先日、東京に行って結婚式に招かれた、ついでに寄った浅草の浅草寺の正門である。一週間ほどは祝宴の余韻が残り、また写真の余波でボーとした幸せな時間をいただいて、もらった。東京にもまれたおかげで人間がひとまわり、成長したような気分になりました。何事もチャンスは活かすにかなわない。
話は変るが、私のようなものでも家庭生活を送っていると、歳相応にその人のその歳に至るまでの過去が再蹴られる。なんでこの人はその歳までこのような人生を続けてきたのか?。過去の経緯がこういう結果をまねいだのかなぁ!などと細かく感じられる。それだけ視線を幅広く感じられるようになったということか?。戦後間もない頃、敗戦の影響で世の中に食料、物資が不足し、遠く僻地まで食料をつなぎ求めていた時代、生活にゆとりなどまったくない。自然と今の生活とは全く違いものがないので、身の回りの物資、食料を大切にする時代であった。その教育の影響か、今の年配の方は限りなく身の回りの物を大事にする。その人からか、今の時代の”断舎利”とはとんでもないことである。どんなものでも大切にして利用価値を見つけ出そうとする。我々のような、ものがある程度満たされて育った年代から見ても、それはどこか異常に始まる。こういう考え方こそ、異常と映るのである。  


Posted by 善兵衛 at 18:57Comments(0)旅行

2017年02月28日

門出に出現


ハラホロヒレハレ!。めでたい席とはいいもんだ。三年ぶりに東京に行って来た。飛行機だと一時間で行く。近いものだ!。甥っ子の結婚式に招かれた。苦節三十年近く、人生の門出としては正に一番輝く時だ。親御さんの苦労を思うと涙を流さずにはいられない。
天気がいいので東京の空も輝いて見えた。今の若い人の挙式は正に”ショウ”という言葉がぴったりだ。華やかに着飾った花嫁。凛々しい表情の花婿、とそれを囲み、一緒にこころから祝ってくれる列席者たち。会場の演出はこの世が二人のためにあるかと感じさせてくれる。それほど盛大でゴージャスな結婚式であった。末永く幸せ!であれと祈るとともにこの良き日の門出を大切にしてほしい。  


Posted by 善兵衛 at 16:14Comments(0)小松家 春

2017年02月18日

犯罪者


はらほろひれはれ!。
こんな事をしてていいのだろうか?。今までは自分に負荷をかけて仕事しない自分を戒めてきた。最近は自分を肯定して自由な自分を認めてしまっている。組織者が見たらすべてタイムアウトになってしまう。冬季期間は専業でやる者は仕事がない。雪のない間、汗水流して田んぼをやってきた慰労の意味で冬季期間は仕事をやらないことにしている。他業のアルバイトに走ったこともあった。ビニールハウスで野菜を作ったこともあった。人生すべて挑戦だと思っている。毎年繰り返して同じ仕事に生産をあげる人は立派だと思う。私みたいな根性のない者は世間からつまはじきされて当然だと思う。農業の生産性が上がらないのは私のようなやる気の無い怠け者がいるからだ。社会から葬られて当然だ。
  


Posted by 善兵衛 at 08:08Comments(0)旅行

2017年02月17日

確定申告


私はサラリーマンでないので定期的な収入はない。通帳に入る数字を運用して生活を仕切っている。さすがにこの歳になると金のないのは身にしみる。どうにか、運用して日々の生活に充てている。若い頃のように金があると酒場に出てどんちゃん騒ぎをするのもどうかと思うし、そういう金があったら別の目的に使う。最近は還付金が多く、税金を納めることはほとんどない。秘密であるがいかに貧しい生活かが推測できる。金があればあるでそれぞれ、貧しい事とは別の悩みがあるだろうけど、貧しいより夢が膨らむのではないか?。戻ってきた還付金を無事に申告を終わった自分へのご褒美に毎年ささやかな軽微な品物に代えている。今年はスマホにした。上手に使いこなして交流を深めよう。写真は升田から見た鳥海山です。
  


Posted by 善兵衛 at 22:22Comments(0)旅行

2017年02月11日

友達


ハラホロヒレハレ?。
確定申告、やっと終わる。考えてみれば去年の暮れから騒いで挫折しながら、毎年同じ事!と喚き散らし、慰めようのない技を貫き通し、やれば聞けば簡単にわかる事を、見栄を張ってわからないままにし、頭を悩ました罪はおっきい!。幸い青申会の会長さんが同級生だったのでみんな教えてもらい、無事解決できた。「幸い男である。」時代が遡らない限り、友達は嬉しいものである。こころの友達は、苦言を呈してくれる友は特にうれしい。その人の捉えかたにもよるが、何でも”いい方”に解釈して捉える方が理にかなっている。”悪く”考えると悪循環を引き起こす。
始末の悪いことになる。これだけはやめよう。友達が言ってくれたことを足がかりに明日への道しるべに繋がる。ありがとう。  


Posted by 善兵衛 at 22:53Comments(0)旅行

2017年02月07日

ノイローゼ


人は吸収した分だけ放出しないと頭が変になるらしい。食べてばっかりで運動しないとデブになる。勉強ばっかりで趣味がないと気が変になるし、遊んでばっかりで仕事をしないと貧乏になる。人の周期には一定の原則が付いてまわる。その時その時の気持ちを大切にしないと後で後悔しないと始まらない。格言うわたしも、若いころは、勉強と仕事に明け暮れ、友達との付き合いを全くしなかった。無理を貫いたのだ。その結果が病気を招き、世の中をあざ笑う態度にでてしまった。ノイローゼである。会社は辞めさせられ、その後自立の道を閉ざされた。先が見えず一日をおののいで過ごした。病院に投薬を求め、カウンセリングして貰った。仕事はどうにかあるが、人生半分を棒に振った。友達は求めねばできないし、返事は投身しなければ返らない。世の中フィフテイ、フィフテイに出来ている。
  


Posted by 善兵衛 at 20:37Comments(2)旅行

2017年02月01日

田舎、人間本来の姿


”田舎”、ここには日本の人間形成の原点がある。縄文弥生時代と今の現代社会では到底、寄っても寄り付かないアシストがあった。みんなが近代社会にうつつを抜かしているとき、小生は田舎に育った恩恵にどういう訳か感謝して生きている。田舎の環境は素晴らしい。人間が本来持っている感性を歳を取れば取るほど磨きだしてくれる。素晴らしい所だ。都会で生活した人が年取ると田舎に暮らしたがる気持ちがわかってきた。近所関係が濃密なことは若い時は嫌っていたが今では好ましいと思うようになってきた。人間一人では生きられないからみんな誰かを頼る。自然な形だ。集落のひとがそばにいる事を感謝して、生きて行こう。写真は息絶えた鬼畜の残照です。あんまり見ないでください。
  


Posted by 善兵衛 at 14:59Comments(0)小松家 冬

2017年01月30日

壮大な事業


とてつもない大きい事を書いてしまった。やり遂げられる事もない。しばし自分を脱水状態にし、向かって見ようか?。寿命が限られているから、大きな事を言うとざまあ見ろと約束されてしまうから、今のところは心の中に仕舞い込んでおこう。それが賢い生き方だ。どういうわけかこのなかには福島の南相馬市の市長も出てます。
  


Posted by 善兵衛 at 20:06Comments(0)小松家 春