2018年09月18日

東沢バラ公園


ハラホロヒレハレ!。今晩は、早いものでもう、九月も下旬を迎えます。だんだんと寒さが感じられる時期になるのでしょうか。この間まで半袖の赤いシャツがにぎわしていたのが今は長そでに何か重ね着しないと夜は出歩けない、めっぽう鈴虫も鳴いて秋らしくなってきました。皆様にとっては体調などくずしていませんでしょうか?。気をつけてください。小生、家業は刈取まであと一歩となりました。春から焦って育てた苗が登熟を向かえる神秘的な自然に操られた自然の営みに人間が操作している結果が出る季節を向かえました。農家はサラリーマンと違い、収入は一年に一回です。頑張っても粗放に育てても天気次第で変わります。特別な災害の起こらない事を祈りたいものです。
サラリーマン時代に培った感覚が抜けなくてサマータイムもせず、暑くて仕事がはかどらない現実を自分の所為にしてしまい、いじめながらにしてしまいます。悪い習慣ですよねぇ。また、自分が仕事の中心なのに誰か指示してる人がいないか、ここはどうやるか自分で考えねばならないのに他の人の所為にしてしまい怠ける、まったく生産性が上りません。我勤しんで始めた農業なのにサラリーマン時代と変わりません。むしろ怠けているので会社員より収入は落ちます。唯一素晴らしいことはストレスの溜まることのないことです。むかし、人生の先輩から教授を受けた言葉に「農業は自分のいい時に仕事して自分のいい時に休んで誰からも左右されないんだよ!」など最近の結果です。

  


Posted by 善兵衛 at 22:55Comments(0)旅行

2018年09月13日

伏見稲荷大社

伏見稲荷大社

ハラホロヒレハレ!。京都、参拝してきました。
  


Posted by 善兵衛 at 09:31Comments(0)旅行

2018年08月19日

赤川花火大会


ハラホロヒレハレ!。おはようございます。鶴岡に花火を見に行ってきました。花火の画像はないけれど、推定三十万人?の観客が見たそうな!。私もその一人である。月山を背景に赤川河畔に繰り出した人を見てもらいたい。ブログでは動画は映せないので後で静止画を取り込んでおく。この花火はアレンジが立体的で創作性があり、日本全国花火はあれど、BS朝日でもゴールデンタイムに放送したもんだ。八月の前半までは殺人的な暑さだったが花火が開かれた赤川河畔は半そで、ノースリーブだと寒いくらいだ。これで今年の夏も八割方終わったようなものだ。シンシン。  


Posted by 善兵衛 at 08:39Comments(0)小松家 夏

2018年08月14日

民族大移動。


ハラホロヒレハレ!。こんにちは。夏の陽気を楽しむ時期になってきました。行楽地はどこも満員。忍耐力のない人はじっと我慢して一歩も外に出ないのだ賢明。上手にストレスを解消すれば快適なお盆生活を満喫できるかも?。やっぱり、でも、ひと並みの生活をしたい人は楽しいスポットを追い求めてみんなと同じように行楽地を回り込んだほうが後悔もないし、話の種ができる。とにかくお盆とばかりにこの日のために頑張ってきた人は十分楽しんでください。こう言う私も日本人の端暮れ、みんなと同じように休日を満喫します。ぜひ、楽しい夏の思い出を作ってください。アデヨス!。
  


Posted by 善兵衛 at 13:42Comments(0)旅行

2018年08月01日

稲の花、咲く


ハラホロヒレハレ!。
お暑うございます。農作業は草刈り作業がほとんど終わり、カメムシ対策の時期に入った。この時期ちょうど稲の穂が出るのでカメムシに食害されないようにこまめな草刈が必要とされる。米の花は日中の午前中咲くのでカメラワークにはタイミングが必要だ。これからどんどん出穂し穂揃え期を迎える。私のうちで作っているのは、早い順にはえぬき、ひとめぼれ、つや姫だ。品種によって出穂時期が違うので秋の刈り取り時期も違ってくる。このところ暑い日が続くので豊作で稲刈りも早まる予想だ。但し水不足にならなくてほしい。
  


Posted by 善兵衛 at 11:46Comments(0)小松家 夏

2018年07月31日

真夏の楽しみ


ハラホロヒレハレ!。おはようございます。去年の春に村山で買ったカイセイローズという品種の薔薇が気高く凛と際立った。品がある。貴夫人のようだ。あこがれてしまう。
  


Posted by 善兵衛 at 09:07Comments(0)小松家 夏

2018年07月29日

昨日のジャズフェステバル


ハラホロヒレハレ!。今晩は。毎日暑いですねェ。最上川の渇水情報が気になりますが、ビールが美味しい毎日です。昨日、パイレールビルの前の道路を貸し切ってジャズフェステバルに行ってきました。ビールを飲むほどにステージ上の演奏が酒飲みに拍車をかけていました。久しぶりに目の保養と心の気分転換になりました。ブラボー。
  


Posted by 善兵衛 at 19:03Comments(0)小松家 夏

2018年07月22日

第7サティアン 麻原彰晃


ハラホロヒレハレ!。
史上最強の凶悪事件、オーム心理教事件。今だに世の中を震撼させている。思想信教の自由とはいえ、人間を束縛してはいけない。人に迷惑とまでははらはだしい痛みを感じる。こんなわたしでさえ怒りを払しょくできないのだから世間の大多数は同じ考えだろう。
写真は今年もどうにか成長した大豆。人間のタンパク源である。
  


Posted by 善兵衛 at 07:30Comments(0)小松家 夏

2018年07月14日

蓮の花咲く。


ハラホロヒレハレ!。おはようございます。写真は近所に咲いた蓮の花。若干ピントが合ってません。
西日本では豪雨から一週間。ニュースを見る度に自分のいる環境がいかに恵まれているか、幸せを感じる。責めて苦しみから逃れるため、微力ながら、ボランティアで貢献できたらと仕事の合間に思う。物資もそうだが義援金に気持ちをゆだねたいものだ。私の場合専門だが農業貢献できればとも思う。境遇に達するためには共に時間を一緒にすることが大事だが。
  


Posted by 善兵衛 at 07:19Comments(0)小松家 夏

2018年07月02日

f斑入りのアジサイ


ハラホロヒレハレ!。今晩は。季節というものは正直なもので本格的な夏が来たようだ。
  


Posted by 善兵衛 at 23:04Comments(0)小松家 夏

2018年06月29日

ストレスに沈み込む。


ハラホロヒレハレ!。今晩は。御無沙汰してます。世の中には如何わしく、興味本位で人を操り、何気なく平然と自分を変えず、のっぺらぼーとしている胡散臭い人間がいるが挨拶ぐらいはしてほしいものだ。
一日二十四時間。平凡と変化のない人間はいないと思うがいかがなものか。明るく楽しくポジティブになんて言うが、変化のない人間なんていない。私は一日必ず、突如として大きなブラックホールに落ち込み、苦しみもがき立ち上がれないと、死ぬ方が楽だと自分を責めて張り裂ける心になってしまう事が毎日だ。サラリーマンでもない私は叫びを上げている自分に性格が同じく、助けをはばかることはできない。こんな苦しみを与えてくれた神様を恨めば心が晴れる訳でもないし、ただジイ―としているのが最善の策だとサラリーマンを羨ましく思う今日この頃だ。
  


Posted by 善兵衛 at 17:30Comments(0)小松家 夏

2018年06月12日

スタバに通う。


ハラホロヒレハレ!。今晩は。もうすこし読者が少なくとも。呆れた記事ばかりと嘆かれても、日記帳のように私はブログを書き続けねばなりません。たとえめちゃくちゃな内容でも、記事に賛同してくれる人はいるはずです。
このところ、スタバには時間を作ってまでも行くようになってきている。たとえ”また来たか”と嘆かれても、みせのためになっているんだと思えば店は嬉しいはずである。単にコーヒーが好き、喫茶店が待ち合わせの場所とまではいかなくとも、通っている本人は三百円~四百円の金をいとわず続けているのだ。店に入ったら返って疲れたと言わせないでほしい。セルフサービスだから勝手に来てくださいはまずい。清新誠意お客様に尽くす気持ちが客を呼ぶのだ。分かってない従業員が一部にいるかも?。
  


Posted by 善兵衛 at 21:02Comments(0)旅行

2018年06月02日

キビの種まき


ハラホロヒレハレ!。こんにちは。庄内地方の田んぼは田植えの闘争も終わり、除草剤散布と草刈を残すばかりとなった。農家の親方は植えた水稲の苗を見て、人間の力の偉大さを内心、ほつほつと自分ひとりで感激しているのではないだろうか?。という私も夕日を浴びて田んぼの佇みながら、自分の偉業を自分で褒めている気分だ。まだまだ秋の収穫まで困難が続くがひとつひとつ乗り越えていかなければならない。
写真はトレーに種をまいたとうもろこしのアップ写真。ひとつの穴から間引きして一本単葉が出ればいいのだがカラスは正直なもので目ざとくスーパーミックスをホげ散らかしてしまう。困ったものだ。カンレイシャとカラスよけのネットを張って対策した。食物が成長して口の中に入るまでは見かねる訳にも行かず、大変な作業の繰り返しだと分かってほしい。  


Posted by 善兵衛 at 18:34Comments(0)小松家 春

2018年05月26日

オオジシバリ


ハラホロヒレハレ!。こんにちは。田んぼの草刈は中盤。トラクターは大豆畑の仕上げ起こし。種まきまじかだ。畔の草刈で黄色くくろを汚すのはオオジシバリだ。
  


Posted by 善兵衛 at 16:44Comments(0)小松家 夏

2018年05月26日

見てもらわなくても!。


ハラホロヒレハレ!。こんにちは。画像はやっと芽を出したばかりのハス畑。これから八月の盆までに大輪の花を咲かせる。今ご期待!。一カ月ごとに投稿します。

  


Posted by 善兵衛 at 14:01Comments(0)小松家 春

2018年05月25日

名もないアザミ


ハラホロヒレハレ!今晩は。庄内は中国から黄砂が空を舞い、雨が降って風が強い。今日こそは地道にも草刈を出かしてゆっくり休もうと思い、圃場に出るが強風であぜ道に立っていられない。即中止、体制を立て直し別の圃場に行くが穴植えしなかったばらつきがこころを悩ませる。農村通信によれば、穴植えはしなくても構わないとの事。秋の実よりが少なくなるのではと不安になる。おおきく偏ったところはかならず後で植えよう。除草剤の散布時期、この風じゃ保留だ。さらに大豆の播種が気になる。連絡がなきゃこれも保留か?。人生は楽しい事より苦しいことの方がずっと多い。
  


Posted by 善兵衛 at 22:02Comments(0)小松家 春

2018年05月23日

活着したかなぁ!。


ハラホロヒレハレ!。こんにちは。田植えの終わった田んぼは日々青さが増してくる。田植え機では、一回に四、五本の苗を植える。2、5葉の活着時期を満した苗が必要だ。伸び過ぎると活着時期を逸して寝てしまう。写真は品種によって違うが活着時期を過ぎた稲の苗だ。不安になるかもしれないが成長とともにまっすぐ直立してくる。心配いらない。
田植えの後直しが一向に進まない。早い人は大豆の二番起こししている。私は草刈も進まない。皆に追いつけるのやら!。一応人は人、自分は自分だ。人それぞれ勘定がある。波に乗れば仕事が早いが、ばらつきがある。中干しまで二回草刈必要だ。先が詰まってきた。  


Posted by 善兵衛 at 14:20Comments(0)小松家 春

2018年05月23日

ペンペン草と私


ハラホロヒレハレ!。こんにちは、田植え、除草剤の散布も終わり、やっと圃場に静けさが戻ってきた。と言っても今の農業は経験がモノを言う。今までの延長にならないように、失敗を繰り返してはならない。たえず対策を演じている。秋の収穫、長いが稲の気持ちになって温めてあげよう。  


Posted by 善兵衛 at 09:06Comments(0)小松家 春

2018年05月20日

庄内平野・さかた


ハラホロヒレハレ!。こんばんは、今日は五月の20日、昨日までの怪しい天気が回復し、晴天となった。酒田祭りである。この歳までじっくりと祭りを堪能したことがない。今まで一度も屋台の店に入ったことはないし、露店のファーストフードを食べたことがない。高校時代は部活で夕方近くまでみっちりしてたし、実力試験があったので勉強もしなきゃならなかった。祭りに行くこ遣いがなかったし、時間もなかった。今になってこの歳になって中町をぼそぼそ歩くのは珍しいのかなぁ!。町中は小学生から二十代前半と子供で同年代はいなかった。とにかく、今になって人込みの中を歩くことに目覚めた。
写真はアイアイ平田の温泉から見た庄内平野。昨年は夕景に水面がむらさきになり、エキゾティックに出来上がったが今回はまぶしいばかりの朝日を浴びた田面だ。集落が田んぼの水勢から取り残されて九十九島のようだ。
  


Posted by 善兵衛 at 22:36Comments(2)小松家 春

2018年05月20日

水面に映える鳥海山


ハラホロヒレハレ!。こんばんは。一時は先の見えなくなった春の農作業、種蒔き、田起こし、代掻き、育苗、やっと田植えまで終わった。農家にとっては驚異的なハードスケジュール、農業をやってる者の真の実力が試される。長年やってる者にかなわないにしても、持ってる力の八十パーセント、時には九十パーセントも出さねば仕事が出ていかない。時には極限の真価が試される。
田植えを終わった者は心地よい安ど感に包まれる。長い春作業の完成だ。御苦労さん。
  


Posted by 善兵衛 at 20:54Comments(0)小松家 春