2019年06月17日

村には敵が多い。


ハラホロヒレハレ!こんばんは。むらには、言葉かずが少ないと失敗することが多々ある。これが日常ならやってられない。生活に影響するから!!!。さらにその人の人相、風体、何気ないしぐさが暮らしている中で命取りになることが多々ある。やってられない。噂話が真実と違うのに、あたかも事実のように捉えられ、損をすることがあるのだ。都会なら刑事事件に発展するのに。クワバラクワバラ。写真は傾いたが朝日を浴びた稲田、水稲の葉齢は四、五葉、もうすぐ、最高分けつ期を向かえる。  


Posted by 善兵衛 at 17:49Comments(0)小松家 春

2019年06月05日

青空の中、準優勝。


ハラホロヒレハレ!こんばんは。このところ、陽気が良くって毎日過ごしやすいですねぇ。先日の日曜日はどこも地区の運動会。例外にもれず、当方も大大会でした。地区内十八チームが参加。私の矢流川チームは大平、鳥越集落と合同でなんと2位という快挙を成し遂げました。毎年単独では中盤の成績なのに今年から体振の理事になり、チームのキャプテンになった今年は別に才覚があるわけでもないのに準優勝でした。皆さん頑張ってくれたのでこの成績、喜ばしい結果でした。来年は優勝目指して努力しよう!。
  


Posted by 善兵衛 at 18:21Comments(0)小松家 春

2019年06月04日

苗順調に育つ


ハラホロヒレハレ!こんばんは。やったぁー。このブログ購読者の皆さんにこんにちは。やっと超ハードスケジュールの四月、五月の日程がクリアできました。あとは気の向くまま、風の吹くままに仕事をすればいいのです。ここまで来るのは年の功としか言えず、本当の農業者の神髄を神様が試したとしか言いようがありません。農業は自然科学の応用科学。あっちこちから知識を引っ張り出さなきゃっ仕事ができてきません。そのため、経験の豊富な熟年者ほどやりがいがあります。肉体的、精神的に充実した年配者が活躍できる職業ともいえます。とにかく難しい職業ともいえるのではないでしょうか?。
  


Posted by 善兵衛 at 20:23Comments(0)小松家 春

2019年05月20日

野原の真ん中


ハラホロヒレハレ!こんばんは。酒田市民が良いとばかりに祭りに酔いしれ取るとき小生は田んぼでまたまた、草刈、ビニール張りである。風が強い。一発除草剤は散布延期。機械屋にエンジンを直しに行ったがまだできていませんとのこと。小生、傷心してみんなと一緒に酒田まつりの輪の中に入る。これで草刈は一日延期だ。エンジンのバカ!!。
さしずめ、畦畔は今を盛りと黄色と紫の花でいっぱいだ。除草が華やかになる。名も知らない花だが、歩み続けると愛着がわく。これで先日の田植えが生きてくれればいいなぁと心から思う。写真はスマホで撮った小松家の畦畔。早く水稲がどんどん伸びてくれ!!。
  


Posted by 善兵衛 at 22:17Comments(2)小松家 春

2019年05月18日

夕陽のアイアイから


ハラホロヒレハレ!。こんばんは。連日好天が続き、カメラマンの私には絶好のシャッターチャンスがたびたび訪れます。今日は平田のアイアイに上り、庄内平野をチャッチング。夕日がもう少し遅かったら瑠璃色に染められた田園風景をお届けできたのに。今回は二度目。代り映えのしない田んぼの夕日です。
  


Posted by 善兵衛 at 00:43Comments(0)小松家 春

2019年05月16日

田植え完了。


ハラホロヒレハレ!。おはようございます。遊佐から、鳥海山の写真を撮ったので送ります。
  


Posted by 善兵衛 at 09:52Comments(0)小松家 春

2019年05月06日

代掻き、終わる


ハラホロヒレハレ!。こんにちは。春の農作業も中盤を過ぎ、代掻きも完了した。苗が少し適用しているか不安だがすみません。ここにきて仕事が進まない。世の中は十連休。ただ一人、やる気のない人間がここにいる。気分転換を考えれば病気になる。ただ仕事をすればいいのだ。なんでしないのか?。分析してみようか?。仕事をしない原因。いいブログが書けないので焦らないようにしよう?。  


Posted by 善兵衛 at 15:51Comments(0)小松家 春

2019年05月03日

月山


ハラホロヒレハレ!。
夜分遅くこんばんは。寝ている人も多いのにと思われます。今日も散々な仕事の一日でした。農業とはこういうものでしょうか?。気分がジェット工スターのように、バトルロイヤルのように上下します。苦戦した挙句、見られんのはほんの一部の結果のお土産だけです。
苗の管理、注水の量、本田の整地、トラクターの調子とまでに至っては最高にベストを尽くしても熟練者の技です。  


Posted by 善兵衛 at 22:40Comments(0)小松家 春

2019年05月02日

自分をいじめてしまう。


ハラホロヒレハレ!。
こんばんは。誠に情けない。田植えが始まるというのに情けない。仕事が進まない。ネガティブだ。抜け道はないのか。そう、仕事をすればいいのだ。ほかの人と比べないこと。無理しないこと。ポジティブになること。大きな決断をしないこと。真面目にならないこと。
  


Posted by 善兵衛 at 18:15Comments(0)小松家 春

2019年04月29日

菜の花の季節


ハラホロヒレハレ!。
こんばんは。世の中、黄金週間なのに農業の最盛期、農作業が休まる暇もない。逆に休んでしまうと歪みが来て、片方から仕事が遅れる。私は農業者で「米作り専門農家」だ。コメが上がらなければ生活が上がらない。コメ作りに命を懸けているのだ。春先から温かくなったり、寒さに震えたり、一向に天候が安定しない。種まきをした後も寒くなったり暑くなったり、まるで天候のジェットコースターに乗っているみたいだ。お陰でつや姫、ひとめぼれ、はえぬきと作った苗は特にはえぬきが”葉焼け”してしまった。苗半作というが、田植え、秋の収穫まで、序盤から頭が切り裂けそうに衝撃を受けている。収穫がなければ生活できないのだ。まさに今の時期は正月と盆が一緒に来たというわけだ。
  


Posted by 善兵衛 at 22:08Comments(0)小松家 春

2019年04月27日

ゴールデンウイーク


ハラホロヒレハレ!。こんばんは。皆さん、暇してる?、世の中十連休の時期に、小生は一生懸命、田んぼ仕事。秋の収入の書き入れ時だ?。炉端の花を眺めて気持ちを新しくした時期も過ぎ去り、皆人が心地よく転寝をまとった時期に自然を眺めて歌を歌い、酔いしれた季節は夏の暑さを伝えてくれる。結構な身分ではないか?。

  


Posted by 善兵衛 at 20:31Comments(0)小松家 春

2019年04月13日

種まき


ハラホロヒレハレ!。
上から目線は疲れる。この年になっても、何にも知らない。否定的だし、後ろ向きでネガティブだ。仕事は中途半端。なんの取柄もない。
  


Posted by 善兵衛 at 20:28Comments(0)小松家 春

2019年02月04日

人相が悪い


ハラホロヒレハレ!。こんばんは。かれこれ、六十数年、生きてきた。何でそこまで鏡映りが悪いのか、気付かないできた。ある日突然、自分に目覚めた。恐ろしいほどの人相だ。自分で自分に恐ろしくなった。特に目のあたりが怖い。意識して笑顔を頬張るととても良い表情になることにも気付いた。訓練だ。友達の目を見るときには明るい表情に気をつけよう。こころが貧しいと怖い顔になるのか?。落ち込むと悪魔のささやきになるのか。顔は心の窓。これから生きて行って皆様にお世話にならなければ。表情に気をつけよう。充実してるときは天使の顔ですよ。
  


Posted by 善兵衛 at 18:24Comments(0)小松家 春

2018年06月02日

キビの種まき


ハラホロヒレハレ!。こんにちは。庄内地方の田んぼは田植えの闘争も終わり、除草剤散布と草刈を残すばかりとなった。農家の親方は植えた水稲の苗を見て、人間の力の偉大さを内心、ほつほつと自分ひとりで感激しているのではないだろうか?。という私も夕日を浴びて田んぼの佇みながら、自分の偉業を自分で褒めている気分だ。まだまだ秋の収穫まで困難が続くがひとつひとつ乗り越えていかなければならない。
写真はトレーに種をまいたとうもろこしのアップ写真。ひとつの穴から間引きして一本単葉が出ればいいのだがカラスは正直なもので目ざとくスーパーミックスをホげ散らかしてしまう。困ったものだ。カンレイシャとカラスよけのネットを張って対策した。食物が成長して口の中に入るまでは見かねる訳にも行かず、大変な作業の繰り返しだと分かってほしい。  


Posted by 善兵衛 at 18:34Comments(0)小松家 春

2018年05月26日

見てもらわなくても!。


ハラホロヒレハレ!。こんにちは。画像はやっと芽を出したばかりのハス畑。これから八月の盆までに大輪の花を咲かせる。今ご期待!。一カ月ごとに投稿します。

  


Posted by 善兵衛 at 14:01Comments(0)小松家 春

2018年05月25日

名もないアザミ


ハラホロヒレハレ!今晩は。庄内は中国から黄砂が空を舞い、雨が降って風が強い。今日こそは地道にも草刈を出かしてゆっくり休もうと思い、圃場に出るが強風であぜ道に立っていられない。即中止、体制を立て直し別の圃場に行くが穴植えしなかったばらつきがこころを悩ませる。農村通信によれば、穴植えはしなくても構わないとの事。秋の実よりが少なくなるのではと不安になる。おおきく偏ったところはかならず後で植えよう。除草剤の散布時期、この風じゃ保留だ。さらに大豆の播種が気になる。連絡がなきゃこれも保留か?。人生は楽しい事より苦しいことの方がずっと多い。
  


Posted by 善兵衛 at 22:02Comments(0)小松家 春

2018年05月23日

活着したかなぁ!。


ハラホロヒレハレ!。こんにちは。田植えの終わった田んぼは日々青さが増してくる。田植え機では、一回に四、五本の苗を植える。2、5葉の活着時期を満した苗が必要だ。伸び過ぎると活着時期を逸して寝てしまう。写真は品種によって違うが活着時期を過ぎた稲の苗だ。不安になるかもしれないが成長とともにまっすぐ直立してくる。心配いらない。
田植えの後直しが一向に進まない。早い人は大豆の二番起こししている。私は草刈も進まない。皆に追いつけるのやら!。一応人は人、自分は自分だ。人それぞれ勘定がある。波に乗れば仕事が早いが、ばらつきがある。中干しまで二回草刈必要だ。先が詰まってきた。  


Posted by 善兵衛 at 14:20Comments(0)小松家 春

2018年05月23日

ペンペン草と私


ハラホロヒレハレ!。こんにちは、田植え、除草剤の散布も終わり、やっと圃場に静けさが戻ってきた。と言っても今の農業は経験がモノを言う。今までの延長にならないように、失敗を繰り返してはならない。たえず対策を演じている。秋の収穫、長いが稲の気持ちになって温めてあげよう。  


Posted by 善兵衛 at 09:06Comments(0)小松家 春

2018年05月20日

庄内平野・さかた


ハラホロヒレハレ!。こんばんは、今日は五月の20日、昨日までの怪しい天気が回復し、晴天となった。酒田祭りである。この歳までじっくりと祭りを堪能したことがない。今まで一度も屋台の店に入ったことはないし、露店のファーストフードを食べたことがない。高校時代は部活で夕方近くまでみっちりしてたし、実力試験があったので勉強もしなきゃならなかった。祭りに行くこ遣いがなかったし、時間もなかった。今になってこの歳になって中町をぼそぼそ歩くのは珍しいのかなぁ!。町中は小学生から二十代前半と子供で同年代はいなかった。とにかく、今になって人込みの中を歩くことに目覚めた。
写真はアイアイ平田の温泉から見た庄内平野。昨年は夕景に水面がむらさきになり、エキゾティックに出来上がったが今回はまぶしいばかりの朝日を浴びた田面だ。集落が田んぼの水勢から取り残されて九十九島のようだ。
  


Posted by 善兵衛 at 22:36Comments(2)小松家 春

2018年05月20日

水面に映える鳥海山


ハラホロヒレハレ!。こんばんは。一時は先の見えなくなった春の農作業、種蒔き、田起こし、代掻き、育苗、やっと田植えまで終わった。農家にとっては驚異的なハードスケジュール、農業をやってる者の真の実力が試される。長年やってる者にかなわないにしても、持ってる力の八十パーセント、時には九十パーセントも出さねば仕事が出ていかない。時には極限の真価が試される。
田植えを終わった者は心地よい安ど感に包まれる。長い春作業の完成だ。御苦労さん。
  


Posted by 善兵衛 at 20:54Comments(0)小松家 春