2017年10月28日

山茶花


ハラホロヒレハレ!
山茶花です。
  


Posted by 善兵衛 at 13:01Comments(0)小松家 秋

2017年10月28日

どうだんつつじ(満点星)


ハラホロヒレハレ!
どうだんつつじ、紅葉が嬉しい。部屋の取っ手ノブが壊れた。建具屋に行って修理してもらわなきゃ。
  


Posted by 善兵衛 at 12:42Comments(0)小松家 秋

2017年10月27日

庄内の秋の民家の風物詩


ハラホロヒレハレ!。
一字欠如。今日も朝から国道をウオーキング。ちゃんと反射板を胸に付ける。選挙運動真っ盛り。ここは庄内柿のすだれである。よくこんなに個数、剥けたもんだ。当主に脱帽。写真を撮らせてもらった。
  


Posted by 善兵衛 at 08:45Comments(0)小松家 秋

2017年10月22日

金峰山に鶴岡の町を見る。


ハラホロヒレハレ!。今晩は。昨日台風の直撃前に鶴岡の青龍寺集落から、信仰の山金峰山に登った。一帯は守厳の山で頂上まできれいに整備されている。
このところ、山に関して日本の百名山を目指すわけじゃなく、メタボのトレーニングでしかない私。すっかり登行意識が欠けている状態です。周りではあと、登頂まで北海道の山と屋久島を残すだけだとか、わくわくしているようだが当の私は登山意識は全然欠けてしまった。
写真は金峰山の中腹から見た鶴岡の市街地。遠方に出羽富士鳥海山の裾野が見えている。
登山意識の欠如は身体を鍛えることを遠のき、趣味を縮め、生活に潤いをなくしている。
  


Posted by 善兵衛 at 17:47Comments(0)小松家 秋

2017年10月11日

カントリーエレベーター


今日も朝から雨模様。田んぼに出た。刈り取りできるかなぁ?。圃場を一回りしたところで、カントリーから刈取中止の連絡。雨が続くと刈り取りできず、週末から予定してた神奈川の箱根で予定してた大学のサークルの同級会の出席が気になる。こっちは半年前から計画してたので雨風でも行かねばならんかも!。一年に一回の集まり。万難を排して出席だ。そう決めているのだ。写真は第一カントリーのモミ運搬の模様。軽トラックが豆粒のように見える。日本の食糧事情を賄っているのだ。(コメントにも、追記したので、バカな馬鹿な独り言を確認ください。)
  


Posted by 善兵衛 at 19:09Comments(2)小松家 秋

2017年10月01日

昔の名前で出ています。


ハラホロヒレハレ!。とにかく花の数量が多い。さぞかしこれだけの品種を維持するには管理が大変だろう。頭が下がる思いだ。きょうはその中で黄色のバラを投稿した。春に買った一眼レフのデジカメで今年中にもう一回、散策しよう。ここからだと一時間半で行けるから。先人の活躍に気持ちを込め出かけよう。それにしても今日も言われてしまった。小松君”もっと絞まらねばだめだ”と、体重のことである。妻からは自己管理が徹底してないからだと、今月の土曜日には詩吟の大会がある。ここは先輩によ~く説明して欠席させてもらおう。日曜日には家内が山形で国家試験だ。稲刈りの最盛期なのに仕事にもならない。そうならないようにみんな発てることはできない。詩吟は来年に回そう。国家試験の付き添いはどうしてもついて行かなきゃ。名を捨て身を取ろう。それにしても稲刈りはいつ終わるのか。でも箱根には行かねば。一年に一回の楽しみだ。
宿泊代が二万一千円だとか、天下の箱根芦ノ湖、このぐらい掛かるのか。それに新幹線代とか、小田原まで電車を三回乗り換える。小遣いも当然準備しなきゃ。貧乏がますますはかどる。なまくさ人間の淵の果てがこんなものか!。責めてでも天気が良いといいが。
  


Posted by 善兵衛 at 02:36Comments(0)小松家 秋

2017年09月26日

曼殊沙華(ヒガンばな)


ハラホロヒレハレ!
今年も咲きましたヒガンバナ。近所で夕方、ナイスキャッチ。夕日に照らされている情景を望めばもっといい写真になるのに。
  


Posted by 善兵衛 at 18:11Comments(2)小松家 秋

2017年09月23日

岩木山神社


ハラホロヒレハレ!。
青森の弘前に行ってきました。あれから一か月。同級生も皆さん、成長してました。時間はいっぱいあるのに計画通りに自分の思っているような事しかしない私。秋田から大舘経由に「いなほ」から「つがる」の特急電車を乗り継いで五時間、同じ仙台からは一時間強で付くのに、表日本と裏日本の違いを見せ付けられました(憤慨)。国民宿舎は温泉で源泉が二種類あり。露天ぶろは落ち着いていて裸の体にアブがよってこなきゃ、内風呂のヒバの湯と合わせ、感激も増すであろう!。写真は岩木山神社。現役生がまだ半数いるので日本の未来は明るい。私は故郷に帰って仕事の続きをしよう。
  


Posted by 善兵衛 at 23:22Comments(0)小松家 秋

2016年12月09日

酒は飲めないんです。


とある居酒屋で飲んで以来の、酒のみとばかりに妻を誘って酒田の町中を散策する。相変わらず平日は中心街でも人の歩く姿はほとんどない。間を決めてここぞとばかりに、ひょう六玉に陣を構える。焼酎四、五杯を超えるとさすがの自分も赤面し、わけの分らぬようになり、ほどかしさでいっぱいになる。どちらかと言うと、宴会の中心になり、場を仕切るタイプではないらしい。根性を決めてみんなのなびくように連なる事にする。雰囲気というのは大事ですね。結局社長の気に入られないまま場所を後にする。妻が明日、早出なので時間を戻して車で息を付く。コントラストが嫌いでもないのでクリスマス雰囲気を気にしながら、町中を歩いてみる。相変わらず人通りは少ない。どちらかっと言うと誤解があるかもしれないが好きなことはやってしまってから、後で反省するタイプなので人相もそうだが、人付き合いが悪い。片言で数えれば友達は多い方ではない。酒田で思うほどそんなに外れた行動をとっているからか?。
  


Posted by 善兵衛 at 04:04Comments(0)小松家 秋

2016年12月01日

まだ、仕事が終わってない。


暑かった夏はいつのことや?明日は暴風雨注意報が出ている。何事にも用心。統合失調症を治すためにいろんな人に話を聞いた。今は寛解というより、完治という言葉が適当か。先生に言わせると、ある程度治すことは直した。これからは自分の人生を謳歌しながら自分の寿命を楽しみながら家族を大切にして生き抜くことです。とのこと。農業をやってる職業上、農繁期と寂しい時期は付きもの、忙しい時期の仕事は目を覆ってしまうがその分
農閑期にエネルギーを蓄えれば素晴らしいトラファルガーができる。苦しいけれど自分に言い聞かせて明日からも頑張ろう。とりあえず今はこれからのための備蓄期間だけれど!。
  


Posted by 善兵衛 at 21:22Comments(0)小松家 秋

2016年11月27日

ポエムからスターバックスへ


ゆるぎない活躍を見せるラグビー、その会場になっているのがコートであるが立派な練習場がある割には練習したとは知られてない。朝鶴岡に小作料を納めに行った。口やかましくしゃっべたので心が解放された。予定どおり、清水屋のポエムに入り、昼食を食べる。きょうはタラコスパゲティにジャーマンコーヒー。週刊新潮を読みながら、宮脇書店でダイジェスト版の「藝大入学の秘密」の本を買うことを誓う。千五百円で購入。スターバックスで中身に目を通し、完読を誓う。笑顔と心を表すことは大事である。疲れる!前に気分転換を勧める。
  


Posted by 善兵衛 at 16:50Comments(0)小松家 秋

2016年11月20日

虎穴に入らずんば虎児を得ず。


おとなしく、高く、真面目、完璧主義、これ私の性格。だから病気になったんです。何事も発散させなきゃ。旅に出たい。岡山の倉敷辺りを?。気分に合わせて美術館周りでも。田んぼと鳥海山と最上川しかない酒田と違い、人々の気持ちが伝わってくる、そんな日常に出会いたい。皆おんなじだけれども
会話のない生活は疲れる。少しぐらい嘘、脱力感のある日常を送りたい。一生自問自答になるが、充実した生活を送りたい。
私には最愛の妻がいる。今日もこの時間になってもまだ仕事しているが、尊敬する。完璧主義者で切れる。仕事は簡単なことの連続だがこなし方がうまい。私にはもったいない。さらに短期でなきゃ、なおさら良いのだが・・・・・・・・・・・・・・。  


Posted by 善兵衛 at 21:38Comments(0)小松家 秋

2016年11月18日

真っ赤ににじむ!


とにかく天気がいい。体力は相当落ち込んだものだ。思うように体が動かない。先生に言われてウオーキングを去年に続いてやっているのだがこれが続かない。
一日一時間は手ごろな距離だが二日と続かない。どっかジムに行って体力作りは如何なものか?去年の今頃は光が丘のプールに自分を追い込んだのだが。今年はまだ行ってない。続けることに意義がある。
  


Posted by 善兵衛 at 19:14Comments(0)小松家 秋

2016年11月17日

儲からない農業


農閑期、初めて酒を飲んだ。世間では酒はうまい。芍薬の長とまで言うが、私にとって酒を飲むと気分が悪くなり、頭は回転するが通じ合う同席がいないのが普通で宙に舞い、完璧に落ち込んでしまう。酒の良さというものがまったくわからない。懸命に自分を回転させて有りもしない空想をめぐらして自分を正当化しようとするが、この先、まっすぐ生きることを決めた私にとって、うそ、でたらめは酒の席の話だけでいい。
  


Posted by 善兵衛 at 22:06Comments(0)小松家 秋

2016年09月16日

自然体で生きてます。


秋になりました。この間の暑さはなんとやら。明日からは稲刈り。昨日、田んぼ仕事が始まる前に行ってたスイミングプールに半年ぶりにいった。体力が完全になくなっていた。3~400メーターも泳ぐとそれ以上、進まなかった。ゴーグルを 新しくしたので付けていくとみんなから、気違い扱いされた。続けることは大切だけど無理は出来ない。
  


Posted by 善兵衛 at 11:48Comments(0)小松家 秋

2015年11月12日

夕景に混じった実像。


センタリングに失敗し落ち込んだ日は、家を飛び出してしまうのが良い。農協によって、日曜日の寺の取り立ての金を下ろし、一目散に光が丘の”万里の松原”へ向かう。プールの前の”足湯”は留まる人も少なく、ただで浸かれるのがうれしい。常連客はここも居るらしくて、初心者は連れで来た方がいい。逆らわず、遊歩道を歩き、ラグビー場を目にし、北郊方を目指す。夕陽が市立アパートを赤々しく照らし、強烈なインパクトを与える。続きがあるので見てください。  続きを読む


Posted by 善兵衛 at 22:45Comments(0)小松家 秋

2015年10月03日

来年までの闘病生活また始まる。

デザインモード

自分の身体を自分でコントロールできないとは、薬に頼って数十年。毎日今のままの繰り返しだ。投薬が成立しているのになぜ私は治らないのか?。おふくろが言っていた。
  


Posted by 善兵衛 at 11:02Comments(0)小松家 秋

2015年10月02日

秋とともに病気が!


とんでもないことになってしまいました。依然体調がすぐれない?。医者が言うには、「貴方らしい」。相変わらず、体調が闇の中だ。ビニールハウスのダイオシートの除去、倉片付け、庭の落ち葉拾い、等々、限りなく仕事はある。でも全然やる気は起きない。ほほほ。
  


Posted by 善兵衛 at 20:49Comments(0)小松家 秋

2015年09月20日

連休 一日目報告


アジュール、モデミアンー、コングラチュレーション、人間 心の奥底に溜まったものを吐けば、楽になる。少し寒くなってきた。ストーブを出そうか迷う。妻が出勤先から戻ってくる時間だ。母は、食事の皿洗い。明日からまともな人生を送ろう。
  続きを読む


Posted by 善兵衛 at 22:31Comments(0)小松家 秋

2015年09月20日

ナナカマドもまったり!


近所の庭先で色づいていたナナカマド。すっかり秋を思い込ませます。まだ、葉っぱが緑色、これから装うことでしょう。
  続きを読む


Posted by 善兵衛 at 13:56Comments(0)小松家 秋