2018年05月23日

ペンペン草と私


ハラホロヒレハレ!。こんにちは、田植え、除草剤の散布も終わり、やっと圃場に静けさが戻ってきた。と言っても今の農業は経験がモノを言う。今までの延長にならないように、失敗を繰り返してはならない。たえず対策を演じている。秋の収穫、長いが稲の気持ちになって温めてあげよう。  


Posted by 善兵衛 at 09:06Comments(0)小松家 春

2018年05月20日

庄内平野・さかた


ハラホロヒレハレ!。こんばんは、今日は五月の20日、昨日までの怪しい天気が回復し、晴天となった。酒田祭りである。この歳までじっくりと祭りを堪能したことがない。今まで一度も屋台の店に入ったことはないし、露店のファーストフードを食べたことがない。高校時代は部活で夕方近くまでみっちりしてたし、実力試験があったので勉強もしなきゃならなかった。祭りに行くこ遣いがなかったし、時間もなかった。今になってこの歳になって中町をぼそぼそ歩くのは珍しいのかなぁ!。町中は小学生から二十代前半と子供で同年代はいなかった。とにかく、今になって人込みの中を歩くことに目覚めた。
写真はアイアイ平田の温泉から見た庄内平野。昨年は夕景に水面がむらさきになり、エキゾティックに出来上がったが今回はまぶしいばかりの朝日を浴びた田面だ。集落が田んぼの水勢から取り残されて九十九島のようだ。
  


Posted by 善兵衛 at 22:36Comments(2)小松家 春

2018年05月20日

水面に映える鳥海山


ハラホロヒレハレ!。こんばんは。一時は先の見えなくなった春の農作業、種蒔き、田起こし、代掻き、育苗、やっと田植えまで終わった。農家にとっては驚異的なハードスケジュール、農業をやってる者の真の実力が試される。長年やってる者にかなわないにしても、持ってる力の八十パーセント、時には九十パーセントも出さねば仕事が出ていかない。時には極限の真価が試される。
田植えを終わった者は心地よい安ど感に包まれる。長い春作業の完成だ。御苦労さん。
  


Posted by 善兵衛 at 20:54Comments(0)小松家 春

2018年05月20日

最上川


ハラホロヒレハレ!。おはようございます。昨日まで大雨警報が出るぐらい寒い天気だった。一夜明けた今日に青空に誘われて近所を撮影してきた。眺海の森まで行って、田植えの終わった田んぼは、鳥海山、月山をはさんで水面に鏡のように姿を映していた。
  


Posted by 善兵衛 at 09:30Comments(0)小松家 春

2018年05月16日

もっけだの!。


ハラホロヒレハレ!。おはようございます。私の庭の花壇は今年も元気です。福寿草、から始まってショウジョウバカマ、クロッカス、シラネアオイ、すずらん、これからは去年植樹した村山農園の深紅のバラ、樹齢七十年になる花梅、半分ずつ建築し、片方づつ呼び込み千を超える当時の建築、まったく予想外のたたずまいである。
これもまた、小松家の資産が膨大なため起こる管理。写真は属名ヘビゆりと文科系の友人は言っていた。
  


Posted by 善兵衛 at 02:23Comments(0)小松家 春

2018年05月05日

農家の五月


ハラホロヒレハレ!。こんにちは。五月とともに忙しい日々が続く。やっと代掻き作業が終わった。ハウスの苗が一部黄色くなって心配だ。気持に焦りがあるせいだ。じっくりゆっくり考えて行動しても遅くないのだが、ひと並みという事に捕らわれて気が焦ってしまう。ゆっくり安全にが基本だ。農業の場合、生き物の成長ステージに合わせねばならない。細やかな配慮が必要だ。今年も雑念が入るが一俵増収を目指そう。写真は投資して買ったトラクター、代掻き機、ハウス。
  


Posted by 善兵衛 at 16:44Comments(0)小松家 春

2018年04月24日

虹けた撮影。


ハラホロヒレハレ!。写真は先ほどに続いて、繋がっている近くで見通したモクレンである。フェースブックにも載せたが、残壇が甚だしい。自然の恵みに感謝しねばならない。文壇的には才能がないので見つめてばかりいるが、光景を目にしたものは気が休まらない。病気でもないがややそれに近いものだ。気を休めて活力を得よう。
  


Posted by 善兵衛 at 16:02Comments(0)小松家 春

2018年04月24日

禁断の名言


ハラホロヒレハレ!。
きょう、明日と雨だ 。田ぶちは終わったもののまたまた、問題が起こった。枕ハカが大きく残ってしまうのだ。土作れは気分が乗らない限り
残ってしまう重労働だ。ざっと四時間格闘しなければ。問題は雨だ。誰に気を吐く事も出来ない。熟達者でも通り遂せぬ大作業、誰も助けてくれない。大きく言えば人間ひとりの生き様が掛かっている。頑張れ善明負けるな!。前代未聞の格闘。考えてばかりじゃ進まない。無事に乗り切ることを祈る。強烈なデータをぶっ下げて今日も自分と闘う。自分に勝たなければ明日はない。
我が家は小規模でも事業主だ。今日できる事を明日に伸ばすな。今日できることは明日でも出来る。どっちの言葉を信じたら良いのか?。母親は明日を当てにして今日を生きている。頭ばっかり冴えて身体が言うことを聞かない。滑り込みアウトにならないようにしよう。
  


Posted by 善兵衛 at 15:44Comments(0)小松家 春

2018年04月19日

水稲の苗


ハラホロヒレハレ!。今晩は、今日も仕事は忙しかった。好天に恵まれ、ハウスの中の苗も上手に育っている。きょうは育てて十日目、初めて、覆っていたマルチを剥いだ。身長、平均三センチ、皆すくすく育っている。感激の瞬間だ。
これからも気の抜けない作業が待っている。一チョ前になって本田に移植されるまでは大事にていねいに育てるから、すくすく育ってほしい。
  


Posted by 善兵衛 at 21:35Comments(0)小松家 春

2018年04月16日

花見で仕事のストレス解消


ハラホロヒレハレ!。
こんにちは。先ほどに続いて花見報告第二弾。先月の末から続いた農業の作業半期がこの二日の雨で中休みになった。若干、花粉症の気配があり、医者に行こうかとも思っていたが、熱もないのでおとなしくしていた。毎日の殺伐とした日常から解放されてすべて忘れて、音楽とコーヒーを飲みながら、メールを書いていたらストレスが消え、幸せな気持ちになっていた。
写真は日和山公園からみた池に浮かぶ北前船。  


Posted by 善兵衛 at 17:18Comments(0)小松家 春

2018年04月16日

満開を迎えた日和山の桜


ハラホロヒレハレ!。
皆さん、こんにちは。写真は満開を向かえた酒田市日和山公園の桜。ぼんぼりが季節をにぎわしている。日曜日は雨だった。きょうはトラクターで田起こしを試みようとしたがあまりにもぬれている。休息の決断をして車で出かける。スタバでくつろいだ後、日和山公園に向かった。
今にも雨が降りそうな天気だが、満開の桜が心を晴れさせてくれる。昼食に大盛りにしてくれた焼きそばを賞味し桜と人ごみに囲まれて満悦する。北前船のあずま屋から全体を動画する。最後に最上川、新井田川の見える展望台から写真を撮って家路に着く。  


Posted by 善兵衛 at 15:05Comments(0)小松家 春

2018年04月11日

庭に咲いたショウジョバカマ


ハラホロヒレハレ!
。今日も一日が始まる。一応、種蒔きは終わった。苗の管理と本田作業がこれから始まる。細かい事を云えば切りがない。天気に左右される。今年からハウスはシルバーシートに変えた。殺菌、殺虫剤も土壌混入した。完璧である。やっと農業に先が見えてきた。喜ぶべきだと思う。今まで忙しかったので記事投稿は追いつかなかった。やっと今月一回目の原稿だ。今まで培ってきたノウハウを農業に活かすつもりだ。種まきまでは妹の亭主が手伝ってくれた。彼も帰り本当の自立した農業だ。実力で収穫をあげなければならない。
写真は庭に咲いたショウジョバカマ、水仙、クロッカス、シラネアオイ、福寿草とともに花壇を賑わす。

  


Posted by 善兵衛 at 09:40Comments(0)小松家 春

2018年03月24日

生石、幻の滝。


ハラホロヒレハレ!。
こんにちは。生石には、室町時代から伝わる、板碑群で有名な延命寺がある。出羽丘陵の付け根にあるため、近く庄内平野が探索できる。
そこから叩きつける、水郡が流れ落ち,砂防ダムに注ぎ込み瀑布を作っている。私もこの方いままで知らなかった。東平田の隠れた名所だと自負している。
  


Posted by 善兵衛 at 14:51Comments(0)小松家 春

2018年03月19日

福寿草 咲く。


ハラホロヒレハレ!。
こんにちは。ぼそぼそしてたら、三月も後半を過ぎてしまった。写真は庭先に一番に咲いた我が家の福寿草。このままでは三月もあっという間に終わってしまう。時間の経つのは早すぎる。若い頃は仕事時間が長くて悲鳴を上げていたのに今じゃ、朝食ったごはんの後に夕食が待っている。これぞ、幸せだというか、歳取ったのだろうか?。
  


Posted by 善兵衛 at 16:39Comments(0)小松家 春

2018年02月27日

後、2日で三月。


ハラホロヒレハレ!。
おはようございます。写真は冬の閉ざされた山居倉庫。春を待ちわびる。私もそろそろ、体力のスイッチをオンにしなければならない。
雪は多い。まだ冬だ。
  


Posted by 善兵衛 at 10:22Comments(0)小松家 冬

2018年02月26日

わが道を行く。


ハラホロヒレハレ!。おはようございます。写真は近所の柿木の残骸。往時を的確に知らせるモニュメントを提示している。哀れな姿である。今年の雪は気持ちをいらいらさせるものだった。量はそんなに多くなかったが昨年と違い、吹雪く割には積雪にならなかった。雪嫌い。
このところ、年を感じさせることが多い。朝希望に満ちることがない限り起きない。腰が痛くて正座できない。妻と比べて割り切り方が下手。仕事が勉強しようと思わない。嫌なことはしないと頑固になる。才覚がないのに社長だと威張って仕事をしない。新しいことにチャレンジすることに怖さを感じる。以上。
  


Posted by 善兵衛 at 08:28Comments(0)小松家 冬

2018年02月24日

春の兆し。


ハラホロヒレハレ!。
写真は庄内朝日スキー場から見た、私のスノーボードスタイル。今年も雪に凍えた。ブログを書く材料は浮かぶがすぐ消えてしまう。
私はとってもいい人だ。一見取次の悪い顔をして人相が良くないが、話し始めてみると誰にでも優しいし、平穏だし、好感が持てる。でも一部の人からは取っつきの悪い深刻な表情の顔のため誤解されて生きてきた。これからが奔放。補助金、助成金、手当て。国からの庇護と浮かれる余裕もない。
農業経営は大変だ。私の場合、長年土地を荒らしてきたため、水田が摩耗してしまっている。修復には手作業で土をスコップを使って盛り上げるか、重機を頼んで土盛りしてしまわねばならない。手作業では無理だろう。バックホーで土上げだ。金がかかる。さらにビニールハウスの傾斜の嶺が露出してしまっている。クリーンテートなので連捷ははばけるがとにかく、みっともない。即急に手当てしないと春の育苗シーズンの歩留まりに耐えられえない。運転資金は底をついてしまって余裕がない。すっかり金、いくらあっても足りない。認定者農家のL資金でも借りなきゃならないか?。さらにまた、自宅の屋敷を他宅と似遇わうようにとりあえず、リホームしなくちゃならないか。玄関がみっともないと来たのだ。玄関はその家の顔。風格を表す。これも早々に直さねば!。この年になってなんでこんなに仕事があるのか?。仕事をするために私は生きてるようなものだ。草々。  


Posted by 善兵衛 at 12:37Comments(0)小松家 冬

2018年01月31日

雪の彼方


ハラホロヒレハレ!。
朝、八時半、駐車場の除雪してくれとの電話。ただ取りあえず九時半に到着。アスファルトの上に雪が付いてアイスバーンになっている。降雪はさほどでなく、とりあえず白線の表示を出すのに時間をかける。スコップでないと歯が立たない。積雪は二三センチ。無理せず十五分で片付ける。お礼にコーヒーをごちそうになり、家に帰る。こんな天候の日は温泉が似合う。平田のアイアイで庄内平野を見渡す。先日の大雪で商売にならなかった事を思い出し、月末の事もあり、また駐車場に戻り、コーヒーとランチを頼む。土日は営業できなかったそうな!。帰りに粒の大きい雪が舞ってきた。とりあえず明日の朝も来てみることにする。なんだかんだで半日は休んでいる。ストレスを無くするには各自持っている悩みを解消することだと聞いた。悩みはぐるぐる回って皆に付いているそうな?。  


Posted by 善兵衛 at 23:33Comments(0)小松家 冬

2018年01月30日

雪道を歩く。


ハラホロヒレハレ!。
ブログ仲間と違って、いつも通り、九時に起きる。今は農閑期で田んぼは一面の雪世界。耕作物はない。農繁期と違って朝が辛い。布団の中で起床時間を伺っている。チャンスとばかりに飛び起きるのに二時間かかる。家内が車で飛び出してから、庭の雪かきをする。裕福な農家と違って除雪車を買う余裕もない。スノーダンプで人力除雪だ。勝手に読みたくない人は目を反らしてください。私は一向に反応しません。そして体力にものを言わせ、落雪もないので十五分で除雪完了。ちょうど今日は軽トラックの車検だったのでダイハツのおにいちゃんが車を取りにきた。一週間降った雪で道路も庭も大雪だ。どうしてか、私にとって除雪は身体のストレス解消にもってこいだ。仕事をしたあとは気分爽快になる。昼からの決算書作成に形をおいてセブンイレブンのそぼろ弁当を食べて出かける。きょうはすっぽり暖か体制で雪道を車を走らせる。農業は金にならない商売だ。相談会を終えた後昼休みに電話を受けたので八文字屋で注文した「普通の人がケチケチしなくとも毎年百万円貯まる59のこと」の扶桑社で佐藤治彦氏の本を受け取りに行く。スターバックスできょうは空いていたのでたっぷり、一時間強、読み込む。但し、熱中してるとき、私の愛車が通路をふさいで邪魔してるとの通告。本人は至って迷惑をかけた気はしない。いつも通りにそくさくと家に帰る。今日の夕飯は水餃子。ボリュームが足りないなぁ~と内心思いながら、モクモクと鍋をすする。おれも十年後には勝手に立って御三度をするのかなぁ。写真はいつもの横代の散歩コースから見た、寺院。
  


Posted by 善兵衛 at 22:23Comments(0)小松家 冬

2018年01月28日

矢流川


ハラホロヒレハレ!。こんにちは。やっと雪がやんだ。矢流川は氷点下の中、完全に冬に閉ざされた。これぞという命題に近づくためにカメラを手に撮影してみた。完璧には撮れないが八分通りの策である。
  


Posted by 善兵衛 at 15:38Comments(0)小松家 冬