2018年06月02日

キビの種まき


ハラホロヒレハレ!。こんにちは。庄内地方の田んぼは田植えの闘争も終わり、除草剤散布と草刈を残すばかりとなった。農家の親方は植えた水稲の苗を見て、人間の力の偉大さを内心、ほつほつと自分ひとりで感激しているのではないだろうか?。という私も夕日を浴びて田んぼの佇みながら、自分の偉業を自分で褒めている気分だ。まだまだ秋の収穫まで困難が続くがひとつひとつ乗り越えていかなければならない。
写真はトレーに種をまいたとうもろこしのアップ写真。ひとつの穴から間引きして一本単葉が出ればいいのだがカラスは正直なもので目ざとくスーパーミックスをホげ散らかしてしまう。困ったものだ。カンレイシャとカラスよけのネットを張って対策した。食物が成長して口の中に入るまでは見かねる訳にも行かず、大変な作業の繰り返しだと分かってほしい。


同じカテゴリー(小松家 春)の記事画像
見てもらわなくても!。
名もないアザミ
活着したかなぁ!。
ペンペン草と私
庄内平野・さかた
水面に映える鳥海山
同じカテゴリー(小松家 春)の記事
 見てもらわなくても!。 (2018-05-26 14:01)
 名もないアザミ (2018-05-25 22:02)
 活着したかなぁ!。 (2018-05-23 14:20)
 ペンペン草と私 (2018-05-23 09:06)
 庄内平野・さかた (2018-05-20 22:36)
 水面に映える鳥海山 (2018-05-20 20:54)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。