2016年11月19日

哲学入門の本を読む


土曜日だからって何にもしないではいられない。家内の車のタイヤ交換をする。ゆるゆるにならないように真剣だ。年とともに体力が落ち、はぁはぁ、息を付きながら、自分の体力と闘う。妻に文句を言われながら、一時間ででかす。結局今日もそれだけで仕事おしまい。車と言えば、自爆の代償に一か月分の修理代がかかった。飛び上がるよりこの先の生活が心配だ。暮らして行けるのやら?。修理代。車両保険代。すべて月賦にするしかない。この先の収入と来たら知れたものだから怖い。せっかくコメの収量を上げたのに。出し惜しみではないが、頭を切り替える覚悟で外出をする。雑音がなければ、読書は楽しい。気分は無理せず魂詰めず、適当だけれど集中してしまった。グラボー。


同じカテゴリー(小松家 冬)の記事画像
後、2日で三月。
わが道を行く。
春の兆し。
雪の彼方
雪道を歩く。
矢流川
同じカテゴリー(小松家 冬)の記事
 後、2日で三月。 (2018-02-27 10:22)
 わが道を行く。 (2018-02-26 08:28)
 春の兆し。 (2018-02-24 12:37)
 雪の彼方 (2018-01-31 23:33)
 雪道を歩く。 (2018-01-30 22:23)
 矢流川 (2018-01-28 15:38)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。